難関大学進学専門塾ノヴァエラロゴ難関大学進学専門塾ノヴァエラ

学習パーソナルトレーナーが
一人ひとりの志望校合格へ導く新しい時代の学習塾

ご相談・お問い合わせ

0120-26-2215

お知らせ・コラムNews & Column

塾ブログ

生徒の心の声を引き出す

こんにちは。NovaEraの中島です!

今朝は埼玉県は今年初(多分)の積雪でした。

通勤・通学の際はお気をつけください。

 

NovaEraは開校して1か月が過ぎたところです。

在塾生徒も少しづつ増えてきまして、浦和明の星女子高、浦和高、浦和一女高をはじめとした埼玉県難関高校のお子さまに通塾いただいております。

今まで学校のテストや模試での成果に苦しんでいた生徒から、「結果が出た」と報告を貰うたびに嬉しく思います。

生徒の心の声を引き出す

NovaEraのパーソナルトレーナーの重要な役割の一つとして、「生徒の心の声を引き出す」ということがあります。

「本当は〇〇したい。でも中々切り出せない」という人は高校生に限らず、大人でもいると思います。

心の声を引き出すことができなければ、その生徒の自己肯定感に繋がらなくなります。

入会時の志望校

在塾生のEさんの例を一つ。

Eさんの入会時の成績を見ると、国立文系最難関レベル(東大・京大・一橋)を十分に目指せるレベルでしたが、志望大学は偏差値60ラインの国立大学でした。

本人と御父母を交えた無料カウンセリングで、志望校について細かく話を聞き、志望動機も明確であり、第一志望校は不動であるということを確認しました。

志望校設定の理由

Eさんはカウンセリングの際に毎回「数学がとにかく苦手。なんとかしたい」と数学を過度に意識をしていました。

現状の志望校であれば、センター試験に対応する学力を身に着ければいいのですが、「ここまで過度に意識をする理由があるのでは?」と感じたので、志望校の質問を再度しました。

本当に目指したい大学は・・

「本当は国立最難関大学の東大、京大、一橋大学のレベルを目指したい。」

納得です。

Eさんは数学に対する根深い苦手意識があるので、受験で数学を使う東大、京大、一橋を志望校にしたいけどできなかったのです。

今の時点からではいくらでも対策は打てるので、国立文系最難関大学を目指していくことに決めました。

心の蓋を開こう!

心の声を引き出すことの大切さを改めて感じました。

時に自分の心に蓋を無意識にしてしまうことがあります。

その時は自信がないから「自分にはできないだろう」と決めつけてしまいます。

大げさな話ではなく、一生の後悔になることもあります。

 

人生一度きりです。

最初から諦めないで、悔いのない志望校を選び、それに向けて最高の努力をしてほしいと切に願います。

厳しい道のりであったとしても、その生徒を全力で支えるのがトレーナーの役割です。

 

これからもパーソナルトレーナーとしてこのような心の声をしっかりと引き出していきます!

2019年度入塾希望の方の受付スタート!

塾の様子を見てみたい・体験したい方へ

見学・体験入塾

見学・体験入学の受付はこちら

まずは学習プログラムを見てみたい方へ

資料請求

資料請求はこちら

自分にぴったりな勉強スタイルが分かる!

無料体験カウンセリング

カウンセリングの受付はこちら
Page Top